ホーム>イベント・ツアー>イベント一覧>アウトドア写真教室 日光雲竜渓谷と小田代ヶ原スノーシュートレッキング2days

アウトドア写真教室 日光雲竜渓谷と小田代ヶ原スノーシュートレッキング2daysnature taravel

このイベントの申し込み受付は終了しました

イメージ画像

初級

体力2

定員10名(最少催行4名)

引率者比率(ガイドレシオ)1:10

カテゴリスノーシュー

イベントNo.S09P01

氷の殿堂、雲竜渓谷の氷瀑氷柱撮影と小田代ヶ原スノーシューツアー

厳冬期のわずかな期間だけ現れる荘厳な氷の世界を堪能します。日光女峰山に抱かれた雲竜渓谷は、1月中旬から2月初旬にかけて滝が凍りつき、さながら氷の殿堂になります。ブルーに輝く氷柱、氷瀑を巡り、大迫力の氷の世界をカメラに収めます。アプローチの前半は林道歩き、渓谷ではアイゼン歩行となりますが、アイゼン初心者の方でも安心して歩いていただけます。2日目は、アップダウンがほとんどない奥日光小田代ヶ原をスノーシューで歩きながら、奥日光の秘瀑、庵滝へ向かいます。

会員料金¥0(税込) ポイント 0pt

一般料金¥0(税込)

詳しい料金についてはこちら

主催M.O.C本部

開催地域関東(栃木県)

種別トラベル・イベント(国内) 標識・約款

お申し込みへ 印刷画面へ 一覧へ
  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A
イベントのみどころ
  1. 1日目に訪れる雲竜渓谷は氷の殿堂と言われ、渓谷の入り口から様々な氷瀑が現れます。奥に行くに従って高度のある氷柱が現れます。なかには裏に回りこめるものもあり、色々な角度から撮影が楽しめます。圧巻は再奥部にある雲竜瀑。落差150mと言われる大滝が凍った姿は、荘厳そのもの。雪の条件が良ければ、雲竜瀑の凍った滝壺までアプローチし撮影します。
  2. 2日目は、赤沼茶屋を起点に小田代ヶ原周辺をスノーシューで散策。湿原の奧にある氷瀑庵滝を訪れます。見事に凍りつき芸術作品のような滝を見ながらランチを楽しみます。
  3. 圧巻の氷瀑を写真に収めましょう。ワイドレンズを使った撮り方、氷と雪の質感を表現する方法をガイドがレクチャーします。2日目はスノーシューを使ったトレッキングを楽しんで、雪の中で暖かいランチを楽しみます。下山後は温泉で温まって解散です。
  4. 目的地の標高は1,400mです。厳冬期ですので、防寒対策をしっかりして参加してください。とくに防寒手袋、防寒帽子、耳当てなどご用意ください。6本爪以上のアイゼンとスノーシュー、ダブルストック、頭部保護のためにヘルメットが必要です。各自でご準備ください。
  5. このイベントにはモンベルスタッフは同行いたしません。 <講師>檢見﨑 誠(けんみさきまこと)鹿児島生まれ はじめての本格的登山は6歳 九州の屋根久住山。京都大学農学部中退。写真スタジオのアシスタントを経て、株式会社文藝春秋に入社。 写真部員としてスポーツ雑誌「ナンバー」、週刊文春、女性誌「クレア」などを担当。1991年文藝春秋を退社しフリーランスフォトグラファーとなる。主な媒体は、日本航空機内誌「スカイワード」「アゴラ」、JR東日本車内誌「トランヴェール」、他PR誌、旅行雑誌など多数。NHK BSプレミアの山番組「にっぽん百名山」(水晶岳と鷲羽岳)にガイドとしても出演。日本山岳ガイド協会公認登山ガイド。

イベント基本情報

イベント名

アウトドア写真教室 日光雲竜渓谷(にっこううんりゅうけいこく)と小田代ヶ原(おだしろがはら)スノーシュートレッキング2days

場 所

関東(栃木県) /日光 /稲荷川上流雲竜渓谷と奥日光小田代ヶ原周辺(標高1,400メートル)

主 催

M.O.C本部

種 別

トラベル・イベント(国内) 種別によって規約等が一部異なります。ご確認の上、お申し込みください。

日 程

2days

料 金

会員料金 ¥0(税込)/一般料金 ¥0(税込)

<< 料金に含まれるもの >>
ガイド料、保険料、消費税、モンベルクラブ会員特典
1日目の夕食、宿泊費、2日目の朝食
<< 料金に含まれないもの >>
タクシー代5,500円程度とバス代2,000円程度、1日目昼食、2日目昼食(※タクシー代はガイドを除く人数割り、1日目東武日光駅から登山口まで1台片道約3,000円、雲竜渓谷林道から湯元まで1台片道約14,000円、バス代は2日目湯元温泉から赤沼までの420円、赤沼から東武日光駅までの1,500円)
※湯元温泉フリーパス(1,500円)がおすすめです。

会員について

保険について

取消料について

難易度

初級

体力2

難易度について

参加条件

コースタイム程度の速さで歩くことのできる体力が必要です
アイゼンでの歩行経験が無くてもご参加いただけます。
積雪期登山に対応した防水性・保温性を備えた登山靴が必要です。
登山経験に関する事前アンケートにご協力いただきます。ツアーを安全に運行させていただくために、経験その他条件によりご参加をお断りさせていただく場合もございます。予めご了承ください。
夏山トレッキングや、山小屋(テント泊)に宿泊されたことがある程度の山に関する基礎技術、基礎知識をお持ちの方を想定しています。

集 合

東武日光駅

8:30

交通案内

解 散

東武日光駅

17:00

お問い
合わせ先

M.O.C.本部
フリーコール:0120-936-007 携帯電話からはご利用いただけません。
TEL:06-6538-0208
受付時間:10:00~18:00
定休日:11月~2月の日曜・祝日(3月~10月は無休)

その他

食事回数:2回
添乗員:添乗員は同行しませんが、現地ガイドが同行します
利用交通機関:
宿泊回数:1
ネイチャートラベル連絡先:06-6531-5277

イベントスタッフより

イメージ画像

スタッフより一言

期間限定の荘厳な氷の殿堂を写真に収め、スノーシュートレッキングを楽しみましょう。

一覧へ