ホーム>イベント・ツアー>イベント一覧>百名山 北蔵王縦走登山2days <雁戸山~熊野岳>

百名山 北蔵王縦走登山2days <雁戸山~熊野岳>nature taravel

イメージ画像

中級

体力3

定員14名(最少催行5名)

引率者比率(ガイドレシオ)1:7

カテゴリトレッキング

イベントNo.T06Z03

中学生以上参加可能

立派な双耳峰、雁戸山を通り、百名山の熊野岳まで縦走しよう

蔵王の主峰、熊野岳を登るコースはいくつかありますが、雁戸山を代表とする北蔵王からの縦走はとても魅力的なコースです。
蟻ノ戸渡りと呼ばれる細くて迫力のある雁戸山は雄峰で、百名山の熊野岳は優しく、のっぺりとして女性的な山になっています。もちろん、有名な蔵王のお釜を見ることもできるのです。

会員料金¥16,000(税込) ポイント 444pt

一般料金¥17,500(税込)

詳しい料金についてはこちら

主催モンベル 天童店

開催地域東北(山形県)

種別トラベル・イベント(国内) 標識・約款

2days

2017年10月14日(土)~15日(日)

詳しい日程についてはこちら

お申し込みへ 印刷画面へ 一覧へ
  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A
イベントのみどころ
  1. 何と言っても、蔵王連峰を北から縦走することで魅力がたくさん詰まっています。荒々しい雁戸山を過ぎると登山者もほとんどいなく、静寂に包まれます。植物の紅葉を眺めながら時間をかけ、2日間ゆったりと縦走してみませんか?宿泊地の八方平避難小屋はトイレもある綺麗な避難小屋です。どっぷりと秋山に浸りましょう。
  2. ルートは笹谷峠⇒雁戸山⇒八方平避難小屋(宿泊地)⇒名号峰⇒熊野岳⇒樹氷高原⇒蔵王ロープウェイ山麓線に乗り蔵王温泉⇒蔵王温泉解散です。 行きはモンベル山形店からタクシーに乗り笹谷峠まで向かいます。帰りは蔵王温泉で解散なので路線バスにてお帰り下さい。(1時間に1本ほど山形駅に向けてバスがでております) 蔵王温泉には温泉やレストランがたくさんあるので下山後に、各自でお楽しみいただけます。
  3. 宿泊は八方平の避難小屋を使います。避難小屋なのでスリーピングバッグ(寝袋)、マットなど寝具は必須です。近くに水場のない小屋となります。夕食と、二日目の朝食はインストラクターが用意しますが、水と食料を分担して持って頂きます。食器は各自ご持参ください。(スープなどが入る深皿・スプーン、お箸など)ザックの容量も40L~70Lほどは必要となります。イベント参加までに十分なトレーニングをお願いいたします。
  4. 北雁戸山、南雁戸山、八方平、名号峰、熊野岳、イロハ沼とそれぞれが特徴を持った雰囲気のルートをたどります。天気が良ければ、進行方向右手は山形市、左手は仙台市を見降ろしながら縦走ができます。

イベント基本情報

イベント名

百名山 北蔵王(きたざおう)縦走登山2days <雁戸山(がんどさん)~熊野岳(くまのだけ)>

場 所

東北(山形県) /奥羽山脈 /雁戸山(がんどさん)、熊野岳(くまのだけ)(標高1,840メートル)

主 催

モンベル 天童店

モンベル 山形店

種 別

トラベル・イベント(国内) 種別によって規約等が一部異なります。ご確認の上、お申し込みください。

日 程

2days

2017年10月14日(土)~15日(日)

料 金

会員料金 ¥16,000(税込)/一般料金 ¥17,500(税込)

<< 料金に含まれるもの >>
ガイド料、保険料、消費税、モンベルクラブ会員特典
1日目夕食と2日目の朝食、ロープウェイ代
<< 料金に含まれないもの >>
1日目昼食、2日目昼食、モンベル山形店から笹谷峠までのタクシー代(タクシー代はガイドを除く参加者の人数で割らせて頂きます。お一人約2000円前後)

会員について

保険について

取消料について

難易度

中級

体力3

難易度について

参加条件

普段からトレッキング・登山に親しまれている方。
スリーピングバッグ(寝袋)、マットなどの寝具はご持参いただきます。
行程中の夕食、朝食はスタッフが準備いたしますが、その食材や水は参加者の皆さまに分担して持っていただきます。
開催日時点 中学生以上参加可能

集 合

モンベル山形店

8:30

交通案内

解 散

蔵王温泉 バス乗り場

14:15

お問い
合わせ先

モンベル 天童店

その他

食事回数:2
添乗員:添乗員は同行しませんが、モンベルスタッフが同行します
利用交通機関:
ネイチャートラベル連絡先:0120-936-007

イベントスタッフより

イメージ画像

スタッフより一言

北蔵王からの縦走をこの機会にしてみませんか?

一覧へ