ホーム>イベント・ツアー>イベント一覧>武田信玄ゆかりの峠道から登る 奥秩父大菩薩嶺縦走登山2days

武田信玄ゆかりの峠道から登る 奥秩父大菩薩嶺縦走登山2daysnature taravel

イメージ画像
イメージ画像 イメージ画像 イメージ画像 イメージ画像

初級

体力3

定員8名(最少催行5名)

引率者比率(ガイドレシオ)1:8

カテゴリトレッキング

イベントNo.T15D05

20歳以上70歳以下参加可能

静かな縦走コースで百名山・大菩薩嶺を目指す

大菩薩嶺は奥秩父の南に位置し、都心からのアクセスも良く、富士山が間近に見えることから非常に人気の山です。このツアーでは、青梅街道の最高地点・柳沢峠から、武田信玄の埋蔵金伝説がある黒川山・鶏冠山から丸川峠を経て大菩薩嶺へと縦走します。高所の紅葉が終わり、これから冬へと季節が変わる時期の静かな山歩きを楽しむことができます。

旅行代金¥29,500(税込)

詳しい料金についてはこちら

主催M.O.C本部

開催地域中部(山梨県)

種別トラベル・イベント(国内)標識・約款

2days

2020年10月24日(土)~25日(日)

詳しい日程についてはこちら

催行人数に達している日程

2020年10月24日(土)~25日(日)

お申し込みへ 印刷画面へ 一覧へ
  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A
イベントのみどころ
  1. 1日目、柳沢峠から登山スタートし、標高1710mの黒川鶏冠山を目指します。 周辺は東京都水道水源林であり、奥多摩湖の上流域に位置します。 整備され比較的平坦であり、黒川鶏冠山山頂付近からは、奥秩父の山々を望むことができます。 ミズナラやカエデが多く、紅葉を楽しむことができるでしょう。
  2. 黒川鶏冠山の「黒川」は戦国時代に甲州金を産出していた「黒川金山」に由来しています。 山の北麓に位置し、当時は「黒川千軒」と栄えましたが、武田家の滅亡とともに幕を閉じました。 今でも周辺には「おいらん淵」、「牛金淵」という当時の伝説が残っています。
  3. 2日目は、稜線をたどり大菩薩嶺山頂を目指します。稜線の向こうにそびえ立つ富士山は雪をかぶり白く輝いています。大菩薩峠付近からは、南アルプス、乗鞍岳、八ヶ岳、奥秩父の山々など素晴らしい展望が楽しめます。
  4. 大菩薩峠は、武蔵と甲斐国を結ぶ青梅街道の峠として400年前から利用されており、かつて最大の難所でした。人や物資が頻繁に往来し、未完の長編小説『大菩薩峠』などの文学を生んだ山でもあります。その当時を偲びながら歩いてみましょう。下山後は、日帰り入浴施設「大菩薩の湯」がありますので疲れを癒してお帰りください(入浴料別途)。
  5. 予定ガイド…保坂武侍(ほさかたけし)(社)日本山岳ガイド協会認定ガイドで、モンベル諏訪店スタッフ。八ヶ岳・南アルプスエリアを中心に活動。山梨県北杜市在住。※ガイドは予定のため、変更の場合があります。

イメージ画像

イベント基本情報

イベント名

武田信玄ゆかりの峠道から登る 奥秩父大菩薩嶺(だいぼさつれい)縦走登山2days

場 所

中部(山梨県) /奥秩父山塊 /大菩薩嶺(標高2056メートル)

主 催

M.O.C本部

種 別

トラベル・イベント(国内) 種別によって規約等が異なります。ご確認の上、お申し込みください。

日 程

2days

2020年10月24日(土)~25日(日)

料 金

旅行代金 ¥29,500(税込)

<< 料金に含まれるもの >>
ガイド料、保険料、消費税
宿泊料、1日目夕食、2日目朝食
<< 料金に含まれないもの >>
1日目昼食、2日目昼食、塩山駅~柳沢峠バス運賃、解散後の塩山駅までのバス運賃

保険について

取消料について

難易度

初級

体力3

難易度について

参加条件

普段からトレッキング・登山に親しまれている方。
・登山経験に関する事前アンケートにご協力いただきます。ツアーを安全に運行させていただくために、経験その他条件によりご参加をお断りさせていただく場合もございます。予めご了承ください。
開催日時点 20歳以上70歳以下参加可能

集 合

JR塩山駅

8:15

交通案内

解 散

大菩薩峠登山口

13:00

お問い
合わせ先

M.O.C本部
フリーコール:0120-936-007 携帯電話からはご利用いただけません。
TEL:06-6538-0208
受付時間:10:00~18:00
定休日:11月~2月の日曜・祝日(3月~10月は無休)

その他

食事回数:夕食1、朝食1
添乗員:添乗員は同行しませんが、現地ガイドが同行します
宿泊回数:1
ネイチャートラベル連絡先:0120-936-007

イベントスタッフより

イメージ画像

スタッフより一言

大菩薩嶺の歴史や自然を紹介します。

一覧へ