ホーム>イベント・ツアー>イベント一覧><五條店・近鉄下市口発着>バスで行く 大峰山脈 八経ヶ岳から釈迦ヶ岳縦走登山2days

<五條店・近鉄下市口発着>バスで行く 大峰山脈 八経ヶ岳から釈迦ヶ岳縦走登山2daysnature taravel

イメージ画像

中級

体力3

定員20名(最少催行14名)

引率者比率(ガイドレシオ)1:10

カテゴリトレッキング

イベントNo.T29HTC

中学生以上70歳以下参加可能

大峰の名峰を縦走登山

大峰山脈の最高峰で日本百名山の一つでもある八経ヶ岳と、「峯中第一の秀峰」といわれる釈迦ヶ岳を縦走します。山小屋に泊まり、大峰の豊かな自然や山頂からの眺望を満喫する魅力満載の2日間です!

会員料金¥30,000(税込) ポイント 833pt

一般料金¥31,500(税込)

詳しい料金についてはこちら

主催モンベルネイチャートラベル

開催地域近畿(奈良県)

種別トラベル・イベント(国内)標識・約款

2days

2018年6月2日(土)~3日(日)、6月30日(土)~7月1日(日)、8月11日(土祝)~12日(日)、9月8日(土)~9日(日)、9月29日(土)~30日(日)、10月20日(土)~21日(日)

詳しい日程についてはこちら

催行人数に達している日程

2018年6月2日(土)~3日(日)、6月30日(土)~7月1日(日)

お申し込みへ 印刷画面へ 一覧へ
  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A

持ち物・アドバイス

参考商品は一例です。在庫状況によりお買い上げいただけない場合があります。詳細はお問い合わせください。

服 装

アドバイス

参考商品

アンダーウェア

1、乾きが速く暖かいものを必ず着用してください。
2、コットンなどの天然繊維は、汗などで濡れると体温を奪い寒くなるので×。
3、山の上や春秋の朝晩は冷え込みます。必要に応じて防寒着もご準備ください。

ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ Women's

ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ Men's

行動着

1、乾きが速く暖かいものを必ず着用してください。
2、コットンなどの天然繊維は、汗などで濡れると体温を奪い寒くなるので×。
3、山の上や春秋の朝晩は冷え込みます。必要に応じて防寒着もご準備ください。

メリノウールプラス ロングスリーブ アクションT Men's

クール ロングスリーブジップシャツ Women's

WIC.ドライタッチ ロングスリーブシャツ Men's

下着(肌着)

1、乾きが速く暖かいものを必ず着用してください。
2、コットンなどの天然繊維は、汗などで濡れると体温を奪うので×。
3、冬山イベントの場合は気温が低く天候も不安定です。服装選びはしっかりと!(晴れていても寒い・・)

ジオライン L.W. トランクス Men's

ジオライン メッシュ ショーツ Women's

ソックス

肌に接する衣服は、汗をかくので乾きが速い化学繊維の物(速乾性)を選んでください。
快適さが違います。

WIC.トレッキングソックス

WIC.トレッキングソックス Women's

メリノウール トレッキング ソックス

中間着

Tシャツやアンダーシャツの上に着るものです。撥水性・防風性・通気性・保温性を備えた機能が快適です。

ライトシェルジャケット Women's

トレールアクションジャケット Women's

グローブ

1、体温の低下を防ぎ、冷えから手を守ります。
2、岩場やハシゴの通過時に必要です。
3、雨が降るとなお重宝します。

OutDry レイングローブ Men's

OutDry レイングローブ Women's

OutDry オーバーグローブ フィット

帽子

気温の変動に合わせて、日除けや防寒に活躍します。

O.D.キャップ

レインウェア上下

1.登山用で、汗をかいても蒸れない物(防水透湿性を備えた物)が快適です。
2.ポンチョタイプは足が濡れるので使えません。上下セパレートタイプをご用意ください。
3.登山用のコンパクトな折りたたみの傘もあれば便利です。

ストームクルーザー ジャケット Men's

ストームクルーザー パンツ Men's

ストームクルーザー ジャケット Women's

ズボン

乾きが早く暖かいものを着用してください。撥水・伸縮性に優れると歩きやすさも抜群です。

サウスリム パンツ Men's

ストレッチライトパンツ Women's

ストレッチO.D.パンツ Men's

防寒着

1.ダウンジャケットか厚手のフリースといった、十分な保温性のあるものをご用意ください。
2.晴れていても休憩時(講習時)は雪上で立ち止まるため寒くなります。

プラズマ1000 ダウンジャケット Men's

スペリオダウンジャケット Men's

クリマプラス100 プリントジャケット Women's

装 備

アドバイス

参考商品

行動食(軽食)

イベント中に特に時間は設けておりませんが、休憩時や歩きながらでも食べられるものを適量お持ちください。(チョコレート、飴、クッキー、おにぎり、パン、果物、ナッツバー等)

ゴミ袋

山へ持ち込んだ物は、全て残さず持ち帰りましょう。自分が山へ入る前の状態に!

O.D.ガベッジバッグ4L

参加チケット

チケットは事前にMOCから郵送、または店頭にてお渡します。同意書にサインをして当日イベントへお持ちください。

サングラス

標高が高く、紫外線はかなり強いです。

PLトレッキンググラス

水筒(飲み物)またはテルモス

1、行動中に各自で飲むのに必要な量(1~2L)をお持ちください。
2、行動中もこまめに水分を摂るのが疲れにくいコツ。特に夏シーズンや気温の高い季節、運動量の多いコースは多めにお持ちください。
3、お茶やスポーツドリンク、水など、行動中に水分を摂るためにお持ちください。

アルパイン サーモボトル 0.5L

アルパイン サーモボトル 0.9L

エディボトル1.0L

トイレットペーパー

正しい使い方はモチロンのこと、使った食器を拭いたりするのに便利です。防水をしっかりとしてお持ちください。

O.D.ロールペーパーキット

パックカバー

1.パックの中身が濡れないように被せるパック用の雨具のことです。
2.サイズが異なると風で飛ばされ紛失の原因となります。店頭でお確かめの上ご準備ください。
3.レインウェアと同じく、突然の雨に備えて、天候に関わらずお持ちください。
4.お持ちのザックの大きさに合ったものをご用意ください。

ジャストフィット パックカバー 40L

予備電池

ヘッドランプに適合する電池を予備でご準備ください。歩行中に電池が切れると大変です!

パック(ザック)

1.30~45リットル(パックの大きさをリットル単位で表しています。)の物が便利です。
2.荷物を全て入れられ、歩くときに両手を空けられる大きさの物をご準備ください。

グラナイト パック 40

チャチャパック 30

キトラパック 30 Women's

ヘッドランプ

1、必ずお一人様1つご準備ください。
2、懐中電灯は不可。頭に装着でき、歩く時に両手を空けられるタイプをご準備ください。

パワー ヘッドランプ

保険証またはコピー

万一の事故等に備えてお持ちください。

地図&コンパス

山中では自分がどこを歩いているのかを把握しておくことが大事です。

登山靴

1、底のゴムが厚く、歩きやすい登山用の物をご準備ください。
2、山の上では急に雨が降ってきたり、晴れていても道がぬかるんでいる場合があります。防水性のある物がオススメです!
3、登山靴は履きなれたものをご用意ください。新しくご購入される場合は事前に慣らし履きすることをお勧めします。

アルパインクルーザー 2000 Men's

タイオガブーツ Men's

ニュークリオンMID GV Men's

救急袋

常備薬や絆創膏を準備してください。袋は防水のものがおすすめです。
バスツアーでバスに酔いやすい方は、酔い止めなど各自でお持ちください。

アクアペル ファーストエイドバッグ 2L

アクアペル ファーストエイドバッグ 0.5L

あると便利な物

アドバイス

参考商品

座布団

1.休憩時にあれば便利なグッズです。
2.コンパクトで持ち運びのしやすいアウトドア用のものをお持ちください。

フォーム クッション

コンパクト フォームパッド

ストック

歩行時にバランスをとったり、膝の負担を和らげます。片手用よりも両手用をオススメします。

アルパイン カーボンポール

アルパインポール カムロック

アルパインポール アンチショック

双眼鏡

双眼鏡を持ち歩けば山歩きの楽しみが増えます。
※バードウォッチングのイベントではご持参いただくか、レンタルをお申込みください。

モンベル双眼鏡 8×21RC II WP

虫除けスプレー

夏シーズンにあれば便利。


その他

朝晩はかなり冷え込みますので、フリースもしくはダウンジャケット等の防寒着をご準備ください。

<< ご参加の皆様へ >>

◆登山では万一の事故や天候の急変等、最悪の状況に陥った場合でも安全に下山できるように衣服や装備を準備しておくことが大切です。上記リストはそうした状況にも対応できる物を挙げておりますので、当日の天候や状況によって使用せずに終わる物もありますが、必ずご準備ください。
◆当コースは山岳地域での登山行為を伴うものです。ご参加に当たってはコースの情報や内容を事前にガイドブック等で予習されることをお勧めいたします。また体力面においても、日頃からトレーニングを行い体調を整えた上でご参加下さい。

<< 食事について >>

1.山小屋での食事(夕朝食)は参加料金に含まれます。昼食は各自でご準備ください。
2.昼食は天候が悪い場合や進行が遅れた場合に備えて、歩きながらでも食べられる物も併せてお持ちください。(チョコレート、飴、クッキー、おにぎり、パン、果物、ナッツバー等)

<< 飲酒について >>

M.O.C.ツアーでは、宿泊施設以外での行動中の飲酒を控えさせていただいております。休憩時や昼食時に各自で持参の上、飲酒をされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

<< 注意事項 >>

◆こんな場合はご参加いただけません◆
必要な持ち物を持参されなかった場合や、お持ちになった装備についてインストラクターが危険だと判断した場合、イベントへご参加いただけないことがありますので、予めご注意ください。
(例:登山靴でない靴、防水性のない登山靴、ジーンズやコットンシャツ等の天然繊維の衣服、防水性の無い雨具、雨具を忘れた場合)
◆参考商品は一例です。季節、使用状況などにより異なる場合もございます。詳しくは店頭の直営店スタッフへおたずねください。

一覧へ