公認山岳ガイドが指導する雪山登山技術実践講習会 ピッケル&アイゼンワーク新雪の富士山2daysnature taravel

イメージ画像

中級

体力3

定員7~14名(最少催行3名)

引率者比率(ガイドレシオ)1:7

カテゴリ雪山トレッキング

イベントNo.Q15H01

高校生以上70歳以下参加可能

雪上技術のピッケルワークとアイゼンワークをしっかりと学ぼう

モンベルフレンドショップ「山岳ガイドグループ・イエティ」とのコラボレーションイベントです。雪山登山をより安全に楽しむためには知っておきたい技術や知識がいくつかあります。最も重要なものが雪の上を歩くアイゼンワーク技術、そしてピッケルを使った初期制動、滑落停止、耐風姿勢の技術です。富士山の新雪時は雪も堅く、雪上技術を学ぶには最適です。初日にはアイゼンワークをメインに、2日目はピッケルワークをメインに講習します。安全と技術修得を優先して、ガイド1名で7名のお客様までのご案内です。
雪上技術(ピッケル&アイゼンワーク)、雪崩対策危急時対策(ビバーク技術)の3つを習えば、雪山初級技術が一通り習得できます。

会員料金¥40,600(税込) ポイント 1127pt

一般料金¥42,100(税込)

詳しい料金についてはこちら

主催M.O.C本部

開催地域中部(山梨県)

種別トラベル・イベント(国内) 標識・約款

2days

2017年12月11日(月)~12日(火)、12月16日(土)~17日(日)、12月25日(月)~26日(火)

詳しい日程についてはこちら

催行人数に達している日程

[満]2017年12月16日(土)~17日(日)

お申し込みへ 印刷画面へ 一覧へ
  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A

ご希望の開催日を選択してください。

集合時間

- - - - - - -
- - - - - - -

○空席あり  △残りわずか  ×空席なし

※この空席表は 2017年11月17日 18:15 に更新されています。
タイムラグがありますので、実際の空席状況と多少異なることがあります。空席表で○の場合でもお申し込み後、満席のためキャンセル待ちとなる場合があります。
(お申込みされた時点で自動返信メールが送信されますが、タイムラグにてキャンセル待ちとなる状況が発生した場合には、別途ご連絡させて頂きます。あしからずご了承ください。)

集合時間
空席情報
一般料金
会員料金


ご希望の参加人数

ご希望の参加人数

大人

子ども

※開催日時点6年生以下

  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A
イベントのみどころ
  1. 講習場所の富士山5~6合目は標高2,000mを越えていて、独立峰の特徴である強風が硬い雪面を作り上げます。硬い雪面での雪上技術講習が、しっかりしたアイゼンワークや滑落停止などの最も重要な技術のより実践的な講習が体験できます。また、富士山ならではの眺めの良い広い斜面で気持ち良く講習を受けられます。
  2. 富士山の吉田口登山道は山梨県側でアプローチも良く、馬返しと呼ばれる1合目から宿泊地の佐藤小屋まで約3時間弱の登りです。この間にもアイゼンを付けての初歩講習を行います。小屋到着後は不要な荷物を置いてから、6合目付近でしっかりしたアイゼンワークの講習を行います。行動食は1日5時間を越える行動時間の場合は、昼食時間以外に休憩時間を利用して数回に分けて食べて下さい。火を使わずに簡単に食べられる物をご用意ください。
  3. 2日目に講習するピッケルワークでは、滑ったり転んだりした際の最初に止める技術である「初期制動」、滑落してからの「滑落停止」、強風に耐える「耐風姿勢」を行います。しっかりした防風防水性のあるアウターと登山靴でお越しください。アウターは雨具でも結構ですが、厚手の物が良いでしょう。ただ、インナーは暖かめの物でご参加ください。富士山は独立峰のため強風に見舞われることもあります。バラクラバ(目出帽)などの防寒対策も忘れずに。
  4. 【持ち物について】このイベントには、ヘルメット(レンタル有)、アイゼンは冬季の縦走用のもの(前爪が靴から2cm程度でていること、12本爪のアイゼンなど)、ピッケルをご持参ください。アイゼンはご自身の靴に調整してからお持ちください。ピッケルはピッケルバンド(2ウェイピッケルリーシュなど)を付けた上でご持参ください。
  5. ガイド紹介:山岳ガイドグループイエティ…1988年から二十数年の間、国内外の登山ガイド、講習会を開催し、自然保護活動にも積極的に取り組む。イエティの山岳ガイドは(社)日本山岳ガイド協会や(社)日本アルパインガイド協会の厳しい公認試験を合格した優秀なガイドで構成されている。このイベントにはモンベルスタッフは同行いたしません。

イベント基本情報

イベント名

公認山岳ガイドが指導する雪山登山実践技術講習会 ピッケル&アイゼンワーク 新雪の富士山(ふじさん)2days

場 所

中部(山梨県) /富士山 /富士山(ふじさん)(標高2,200~2,500メートル)

主 催

M.O.C本部

種 別

トラベル・イベント(国内) 種別によって規約等が一部異なります。ご確認の上、お申し込みください。

日 程

2days

2017年12月11日(月)~12日(火) 、12月16日(土)~17日(日) 、12月25日(月)~26日(火)

料 金

会員料金 ¥40,600(税込)/一般料金 ¥42,100(税込)

<< 料金に含まれるもの >>
ガイド料、保険料、消費税、モンベルクラブ会員特典
1日目夕食、宿泊代、2日目朝食
<< 料金に含まれないもの >>
タクシー代、昼食代、レンタル代。※タクシー代はガイドを除いた利用者の人数割でお願いします。

会員について

保険について

取消料について

レンタル

ヘルメット(頭囲62センチまで) ¥1,100

難易度

中級

体力3

難易度について

参加条件

これまでにトレッキング、登山経験のある方。
コースタイム程度の速さで歩くことのできる体力が必要です
・アイゼンでの歩行経験が無くてもご参加いただけます。
・積雪期登山に対応した防水性・保温性を備えた登山靴が必要です。
・ピッケルを使うのが初めての方でもご参加いただけます。
・登山経験に関する事前アンケートにご協力いただきます。ツアーを安全に運行させていただくために、経験その他条件によりご参加をお断りさせていただく場合もございます。予めご了承ください。
・必要な装備を揃える事(装備不足の場合は安全のため当日でもお断りする場合がございます)。
・冬山は体力の消耗が激しく、荷物も夏に比べ重くなるため、相応の体力が必要です。
開催日時点 高校生以上70歳以下参加可能

集 合

富士急行線・富士山駅改札口

10:30

交通案内

解 散

富士山駅

15:30

お問い
合わせ先

M.O.C.本部
フリーコール:0120-936-007 携帯電話からはご利用いただけません。
TEL:06-6538-0208
受付時間:10:00~18:00
定休日:11月~2月の日曜・祝日(3月~10月は無休)

その他

食事回数:1日目夕食、2日目朝食
添乗員:添乗員は同行しませんが、現地ガイドが同行します
利用交通機関:
宿泊回数:1
利用予定ホテル・宿泊先:佐藤小屋
ネイチャートラベル連絡先:0120-936-007

イベントスタッフより

イメージ画像

スタッフより一言

ピッケル&アイゼンワークをしっかり練習しましょう!

  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A

スケジュール

1日目

10:30

富士山駅改札口前/集合

11:20

馬返し:装備のチェック

11:40

登山開始 途中アイゼンワーク講習 途中で昼食

14:40

佐藤小屋

15:20

休憩後、アイゼンワーク講習会開始

16:30

佐藤小屋

20:30

消灯

<< 食事について >>
昼:各自でご準備ください(イベント中に時間を設けております)。
夜:参加費に含まれております。
<< 宿泊場所 >>
佐藤小屋 (TEL:0555-22-1945 (現地)090-2522-2634)

2日目

6:00

起床・朝食

7:30

小屋出発

8:00

6合目付近で雪上技術講習会

12:00

講習終了

12:30

佐藤小屋

13:00

小屋出発

15:00

馬返し

15:30

富士山駅

<< 食事について >>
朝:参加費に含まれております。
昼:各自でご準備ください。

※昼食(行動食)は決められた時間以外の休憩時間にも食べるようにしてください。登山は1時間につき100kcal以上消耗しますので、早めの補給が重要です。
※スケジュール、コースは天候などにより変更・中止になることがあります。       
※宿泊は山小屋の相部屋利用となります。
※集合後、自家用車の方は登山口まで並走、公共交通機関、登山口まで入れない車の方はタクシー利用となります。

コース案内

現地気象に関して

独立峰のため強風の場合がある

コースデータ

イベントスタイル2days

1日目 行動距離:10km /総行程時間:6時間

2日目 行動距離:15km /総行程時間:8時間

  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A

集合場所

富士急行線・富士山駅改札口

ガイドがお待ちしております。モンベルの旗を目印にお集まりください。

アクセス

公共の交通機関で

新宿駅発~<JR>~大月駅~<富士急行>~富士山駅着

※上記公共交通機関の時刻・料金に関しては、必ず各自で最新の情報をご確認の上ご利用ください。

お車で

●東京から 中央自動車道~大月JCTを河口湖方面へ~河口湖ICで降りて国道139号線に入る~昭和大学入口(交差点)を左折して「平成通り」に入り~富士吉田警察署前(交差点)と右折して御坂道(国道137号)に入る~富士山駅

※週末・連休や行楽シーズンは渋滞の恐れがあります。余裕を持ってご出発ください。

※除雪&積雪渋滞に注意。冬用タイヤが必要です。

※富士山駅の駐車場は、駅ビル利用者専用の駐車場なので長期間停めることはできません。集合時のみ駐車が可能です。 ※登山口の馬返しには20台ほど停められますが、冬用タイヤが必要です。降雪状況によっては4WD車しか入れない可能性もあります。 ※集合後、自家用車の方は登山口まで並走、公共交通機関、登山口まで入れない車の方はタクシー利用となります。 ※富士山駅駐車場は9台まで、電車やバス利用が前提の事前予約制となっています。車を駐車していかれる方はご自身で予約等お願いいたします。

≪駐車場≫

富士急行線・富士山駅(一時駐車のみ可能)

解散場所

富士山駅

  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A

持ち物・アドバイス

参考商品は一例です。在庫状況によりお買い上げいただけない場合があります。詳細はお問い合わせください。

イメージ画像

服 装

アドバイス

参考商品

オーバージャケット

冬山登山用で、防水透湿性のものを必ず着用してください。

ストリームジャケット Men's

ストリームジャケット Women's

ダイナアクション パーカ

オーバーパンツ

1、冬山登山用で、防水透湿性のものを必ず着用してください。
2、雪が多い場所での講習会や登山では、インナースパッツだけでは雪が侵入する場合があります。凍傷などをさけるために、必要なイベントでは別途ロングスパッツをご用意下さい

アルパインパンツ Men's

アルパインパンツ Women's

防寒着

1.保温性と携行性に優れた防寒着をご用意ください。
2.晴れていても休憩時や講習時は雪上で立ち止まるため寒くなります。

アルパインダウン ジャケット Men's

アルパインダウン ジャケット Women's

アルパイン ダウンパーカ Men's

行動着

1、動きやすく暖かいものを着用してください。
2、行動着は乾きが速く暖かい、長袖のシャツタイプが便利です。
3、防寒着と手袋は厚手のフリースか羽毛ジャケット等の暖かいものが快適です。

ロッシュジャケット

クリマプラス100 ジャケット Men's

中間着(パンツ)

タイツとオーバーパンツの中間に着用することで、保温性がたかまります。また、アプローチにも使用できます。保温性とストレッチ性を備えた中間着がおすすめです。

トレールアクションタイツ Men's

シャミース パンツ Men's

クリマプラス100 ライトスウェットパンツ Men's

アンダーシャツ

1、乾きが速く暖かいものを必ず着用してください。
2、コットンなどの天然繊維は、汗などで濡れると体温を奪うので×。
3、冬の山は気温が低く天候も不安定です。服装選びはしっかりと!(晴れていても寒い・・)

ジオライン EXP. ラウンドネックシャツ Men's

ジオライン EXP. ラウンドネックシャツ Women's

アンダータイツ

1、乾きが速く暖かいものを必ず着用してください。
2、コットンなどの天然繊維は、汗などで濡れると体温を奪うので×。
3、冬の山は気温が低く天候も不安定です。服装選びはしっかりと!(晴れていても寒い・・)

ジオライン EXP. タイツ Men's

ジオライン EXP. タイツ Women's

下着(肌着)

1、乾きが速く暖かいものを必ず着用してください。
2、コットンなどの天然繊維は、汗などで濡れると体温を奪うので×。
3、冬山イベントの場合は気温が低く天候も不安定です。服装選びはしっかりと!(晴れていても寒い・・)

ジオライン L.W. トランクス Men's

ジオライン メッシュ ショーツ Women's

靴下

厚手の登山用靴下をご準備ください。
靴と靴下がしっかり防寒対策が取られていないと低体温などの原因となります。

メリノウール アルパイン ソックス

防寒用帽子

1.耳も覆える暖かいタイプをご準備ください。
2.風が強くても飛ばされないように、頭にフィットするタイプがオススメです。

クリマパイル イヤーウォームキャップ

ストレッチクリマプラス200 ボルカノキャップ

目だし帽(バラクラバ)

冬山での風が強い場所や山頂、稜線付近での防寒対策、また春山では日焼け対策としても役に立ちます。

ジオラインL.W.バラクラバ

ネオプレン フェイスバラクラバ

ネックゲーター

首元、顔の防寒もしっかりと!

ストレッチクリマプラス200 ネックゲーター

ネオプレン フェイスネックゲーター

シャミース ネックゲーター

オーバーグローブ(冬山登山)

・冬山登山用で防水性のしっかりとしたもの。
・厚手のもの。
・厚手の交換用手袋(予備)もご用意ください。

OutDry アルパイングローブ Men's

OutDry アルパイングローブ Women's

グローブリーシュ

グローブの落下や紛失を防止するリーシュコードです。グローブ裾のループに取りつけて使用します。
※2個1セットでの販売となります。

グローブリーシュ

インナーグローブ(冬山)

※乾きが早く暖かいものを必ず着用してください。
※濡れた場合のことも考えて予備として2つお持ちください。
※アプローチ用、インナーグローブとして使用します。

クリマバリアグローブ Men's

クリマバリアグローブ Women's

手袋予備(冬山登山)

・冬山で手袋が濡れたり、風で飛ぶと致命的です。凍傷などにならないように、必ず予備の手袋をご準備ください。交換用の手袋などありますので、ご自身のオーバー手袋との相性をお確かめのうえお持ちください。
・オーバーグローブの交換用手袋(厚手)、インナーグローブ予備(中厚)、各1双ずつ以上など、予備手袋をご準備ください。

アルパイングローブ ウールライナー Men's

アルパイングローブ ウールライナー Women's

靴下予備(冬山登山)

冬山で靴下が濡れると凍傷の恐れがあります。必ず予備の靴下をご準備ください。

メリノウール エクスペディション ハイソックス

メリノウール エクスペディション ソックス

装 備

アドバイス

参考商品

登山靴(雪山)

雪山(冬季)登山用の靴をご準備ください。
防水性のもので足首を固定できるハイカットのものが必須になります。

アルパインクルーザー 3000

アルパインクルーザー 2800

アイゼン

10本爪以上のものをご準備ください(8本爪以下の物ではご参加いただけません)。装着にはサイズ調整が必要です。ご参加前にご自分の靴にサイズを調整した上でお集まりください。

LXF-12 アイゼン

LXT-12 アイゼン

LXB-12 アイゼン

ロングスパッツ

1.足首と靴を覆うように装着し、雪が靴の中に入るのを防ぐものです。無いと雪が入って大変!必需品です。※当日の雪の状況によります。
2.有料レンタルでご用意できるイベントもございますが(事前要予約)、各自でご準備いただくイベントもございます。

GORE-TEXアルパインスパッツ

ヘルメット

1、クライミング用の物をご準備ください。
2、一部コースでレンタルもご用意しております。(事前要予約・別途有料)

L.W.アルパインヘルメット

フュージョン

フォーカス

ピッケル

登山用(縦走用)の物をご準備ください。

グレイシャー

2ウェイピッケルリーシュ

ピッケルにショルダー用のリーシュが必要です。

2ウェイピッケルリーシュ

パック(ザック)

1.男性は45~50リットル(パックの大きさをリットル単位で表しています。)、女性は35~40リットルの大きさのザックが目安です。
2.荷物を全て入れられ、歩くときに両手を空けられる大きさの物をご準備ください。

グラナイトパック 40

チャチャパック 45

テルモス(魔法瓶)

真夏以外は重宝します。休憩時に飲む温かい飲み物は体力を回復させます。行動時に各自で飲むのに必要な量(0.5~1.0リットルほど)をお持ちください。

アルパイン サーモボトル 0.9L

アルパイン サーモボトル 0.5L

ヘッドランプ

万一の事故等に備えて、日帰りでもご用意ください。

コンパクト ヘッドランプ

予備電池

ヘッドランプに適合する電池を予備でご準備ください。歩行中に電池が切れると大変です!

サングラス&ゴーグル

1.晴れて雪面の反射が眩しい時は、目の横側も覆えるサングラスが必要です。
2.吹雪になるとサングラスでは役に立たないので、荒天時にはゴーグルが便利です。

PLトレッキンググラス

アルパインゴーグル

保険証またはコピー

万一の事故等に備えてお持ちください。

参加チケット

チケットは事前にMOCから郵送、または店頭にてお渡します。同意書にサインをして当日イベントへお持ちください。

ゴミ袋

山へ持ち込んだ物は、全て残さず持ち帰りましょう。自分が山へ入る前の状態に!

O.D.ガベッジバッグ4L

あると便利な物

アドバイス

参考商品

ストック

1.雪上歩行時にバランスをとるのに大活躍します。両手用をオススメします。
2.スノーバスケットをつけてください。

アルパイン カーボンポール

アルパイン カーボンポール S

アルパインポール

スノーバスケット

ストックに合うものをご使用ください。
積雪期にはスノーバスケットがないとストックが雪に沈んで歩けません。

スノーバスケット

メドーポール スノーバスケット

救急袋

常備薬や絆創膏を準備してください。袋は防水のものがおすすめです。
バスツアーでバスに酔いやすい方は、酔い止めなど各自でお持ちください。

アクアペル ファーストエイドバッグ 2L

アクアペル ファーストエイドバッグ 0.5L

使い捨てカイロ

あれば重宝します。寒がりの方はお持ちください。

耳栓

寝つきが悪いときなど就寝の際にあると便利。
標高が高いといびきをかく人も多くなります。


その他

ヘルメット、アイゼンは冬季の縦走用のもの(前爪が靴から2cm程度でていること、12本爪のアイゼンなど)、ピッケル、しっかりした防風防水の効いたアルパインウェア、手袋や登山靴も厳冬期用の物(手袋や靴下は替えも必要で、冬用の厚手の物をご用意ください。手袋はオーバーグローブ1双、インナーグローブ中厚または厚手2双)、ロングスパッツなどご用意ください。
ピッケルにはピッケルバンド(2ウェイピッケルリーシュなど)を付けた上でご持参ください。
昼食について…お勧め品は菓子パン、惣菜パン、チョコパイ、ビスケット、パワーバー、煎餅類など。おにぎり、ジェル類(ウイダーインゼリーなど)などは雪山では堅くなったり、凍る可能性があるので、初日ならば構いませんが、2日目は朝の低温で食べにくくなります。

<< ご参加の皆様へ >>

◆登山では万一の事故や天候の急変等、最悪の状況に陥った場合でも安全に下山できるように衣服や装備を準備しておくことが大切です。上記リストはそうした状況にも対応できる物を挙げておりますので、当日の天候や状況によって使用せずに終わる物もありますが、必ずご準備ください。
◆当コースは山岳地域での登山行為を伴うものです。ご参加に当たってはコースの情報や内容を事前にガイドブック等で予習されることをお勧めいたします。また体力面においても、日頃からトレーニングを行い体調を整えた上でご参加ください。

<< 食事について >>

1,料金に含まれている食事は基本料金の欄をご参照ください。
2,昼食のお勧め品は菓子パン、惣菜パン、チョコパイ、ビスケット、パワーバー、煎餅類などです。おにぎりやジェル類(ウイダーインゼリーなど)などは雪山では硬くなったり、凍る可能性があるので食べにくくなります。

<< 飲酒について >>

M.O.C.ツアーでは、宿泊施設内以外での行動中の飲酒を控えさせていただいております。

<< 注意事項 >>

◆こんな場合はご参加いただけません◆
必要な持ち物を持参されなかった場合や、お持ちになった装備についてインストラクターが危険だと判断した場合、イベントへご参加いただけないことがありますので、予めご注意ください。
◆金属製のピアス、ネックレス、指輪などのアクセサリーは、低温下では凍傷の原因になる場合があります。ご参加の際は、予めお取りはずしください。
◆参考商品は一例です。季節、使用状況などにより異なる場合もございます。詳しくは店頭の直営店スタッフへおたずねください。

レンタルについて

以下の装備についてはレンタルがご利用いただけます。

ヘルメット(頭囲62センチまで)/¥1,100

<< 注意事項 >>

レンタル品の当日キャンセルについては返金ができません。

<< サイズ制限のあるもの >>

ヘルメット(頭囲62cmまで)

  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A
コース中のトイレは?
集合場所にあります。コース中にはありません。
飲み水を補給できる場所は?
宿泊先などで補給できます。
昼食等を購入できる場所は?
ありません。予めご準備ください。
このコースを記載したガイドブック・地図は?
山と高原地図・富士山
集合時に着替えられる場所は?
ありません。トイレでお着替えください。
イベントに不要な荷物は?
ロッカー施設等はありません(各自でお持ちください)。
解散場所近辺で各自で行ける入浴施設は?
ありません。
悪天の場合は?
降雪決行。警報発令時は中止。少雪・雨天による中止の場合もあります。中止の判断は当社でいたします。M.O.C.本部事務局、店舗または担当のインストラクターより事前にご連絡させていただきます。連絡がない場合には開催になります。※ただし、集合時以降に天候が悪化した場合はインストラクターがその場所で中止の判断をさせていただく事があります。