公認ガイドが指導する登山技術実践講習会「登山に役立つセルフレスキューSTEP2」阿寺の岩場M.O.C.

イメージ画像

中級

体力1

定員6~12名(最少催行2名)

引率者比率(ガイドレシオ)1:6

カテゴリトレッキング

イベントNo.T11GF3

高校生以上参加可能

ケガ人を崖下からの引き上げる技術講習です

モンベルフレンドショップ「山岳ガイドグループ・イエティ」とのコラボレーションイベントです。登山をより安全に楽しむために、これからリーダーとなるために、知っておきたい知識や様々な技術があります。公認山岳ガイドがはじめての方を対象に実践講習会を行います。ロープを使った本格的なセルフレスキュー技術は、登山中に起こる転落や滑落事故の際に現場で即時に救出作業に対応できる技術です。STEP1とSTEP2のランクに分かれています。

会員料金¥12,500(税込) ポイント 578pt

一般料金¥14,000(税込)

詳しい料金についてはこちら

主催M.O.C本部

開催地域関東(埼玉県)

種別現地集合イベント

1day

2018年9月30日(日)、10月11日(木)、10月28日(日)、11月28日(水)、12月4日(火)

詳しい日程についてはこちら

催行人数に達している日程

[満]2018年9月30日(日)

お申し込みへ 印刷画面へ 一覧へ
  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A

ご希望の開催日を選択してください。

集合時間

- - - - - - -
- - - - - - -

○空席あり  △残りわずか  ×空席なし

※この空席表は 2018年9月18日 18:15 に更新されています。
タイムラグがありますので、実際の空席状況と多少異なることがあります。空席表で○の場合でもお申し込み後、満席のためキャンセル待ちとなる場合があります。
(お申込みされた時点で自動返信メールが送信されますが、タイムラグにてキャンセル待ちとなる状況が発生した場合には、別途ご連絡させて頂きます。あしからずご了承ください。)

集合時間
空席情報
一般料金
会員料金


ご希望の参加人数

ご希望の参加人数

大人

子ども

※開催日時点6年生以下

  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A
イベントのみどころ
  1. セルフレスキューとは自分たちの力でケガ人を救助する事をいいます。登山中に起こりうる転倒や転落は、低山のトレッキングでも起こりうる事です。その際にケガ人を自分たちの力でスムーズに安全地帯に救助する事が重要です。崖下などの危険な場所からケガ人を脱出させるには、ロープを使っての引き上げ技術が必要になります。荷重をそれぞれ、1/3、1/5、1/7のロープシステムを使って引きあげます。STEP2ではこの技術を習得できるようにします。
  2. 山中では余分な荷物は持っていけません。最小限の装備と短時間で対応できるように講習します。ロープを使っての引き上げシステムは、スリング類とカラビナを使っての1/3が簡単ですが、体重の重いケガ人の引き上げでは、補助の7mmロープを使ってのシステムを作成して引き上げます。実際に引き上げると様々な問題が発生しますが、それを克服してしっかりと身につけます。
  3. 今回の講習は本格的な岩場での講習ではなく、登山中に実際に事故が起こりうる傾斜の緩い岩場や急な樹林帯で行います。その際に必要な最小限の装備を揃えて行います。必要な装備は5mmロープ(細引き)1.3m×3本、確保&下降器、安全環付カラビナ5個(変形D形3個とHMS型2個)、ダイニーマスリング4本(60cm×2本、120cm×2本)、7mmロープ(細引き)4m(または6mmパワーコード4m)、ヘルメットとハーネスなどを揃えてご参加ください。モンベル直営店で販売いたしております。引きあげ用のロープはガイドが準備します。
  4. 参加条件は、別日程の公認ガイドが指導する登山技術実践講習会「登山に役立つセルフレスキューSTEP1」に参加済み、または同等の技術をお持ちの方となります。
  5. ガイド紹介:山岳ガイドグループイエティ…1988年から二十数年の間、国内外の登山ガイド、講習会を開催し、自然保護活動にも積極的に取り組む。イエティの山岳ガイドは(社)日本山岳ガイド協会や(社)日本アルパインガイド協会の厳しい公認試験を合格した優秀なガイドで構成されている。このイベントにはモンベルスタッフは同行いたしません。

イベント基本情報

イベント名

公認ガイドが指導する登山技術実践講習会「登山に役立つセルフレスキューSTEP2」阿寺の岩場(あてらのいわば)

場 所

関東(埼玉県) /奥武蔵 /阿寺の岩場(標高400メートル)

主 催

M.O.C本部

種 別

現地集合イベント 種別によって規約等が一部異なります。ご確認の上、お申し込みください。

日 程

1day

2018年9月30日(日) 、10月11日(木) 、10月28日(日) 、11月28日(水) 、12月4日(火)

料 金

会員料金 ¥12,500(税込)/一般料金 ¥14,000(税込)

<< 料金に含まれるもの >>
ガイド料、保険料、消費税、モンベルクラブ会員特典
<< 料金に含まれないもの >>
昼食、レンタル料(ハーネス、ヘルメット各550円)

会員について

保険について

取消料について

レンタル

ハーネス ¥550
ヘルメット(頭囲62センチまで) ¥550

難易度

中級

体力1

難易度について

参加条件

これまでにトレッキング、登山経験のある方。
別イベント「登山に役立つセルフレスキューSTEP1」にご参加済みであること、または同イベントで講習するバックアップ付きの懸垂下降や登り返し技術について同等技術をお持ちのかた。
開催日時点 高校生以上参加可能

集 合

西武池袋線 東吾野(ひがしあがの)駅改札口

9:50(6月以降は10:00)

交通案内

解 散

西武池袋線 東吾野(ひがしあがの)駅

16:10(6月以降は16:00)

お問い
合わせ先

M.O.C本部
フリーコール:0120-936-007 携帯電話からはご利用いただけません。
TEL:06-6538-0208
受付時間:10:00~18:00
定休日:11月~2月の日曜・祝日(3月~10月は無休)

イベントスタッフより

イメージ画像

スタッフより一言

登山中のもしもの時に役立つセルフレスキューです。

  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A

スケジュール

1日目

10:00

東吾野駅改札口前/集合

11:00

講習場所到着~講習開始

12:00

昼食

12:30

講習

15:30

終了、後片付け

16:00

東吾野駅改札口前/解散

<< 食事について >>
朝:各自でお済ませの上、お集まりください。
昼:各自でご準備ください(イベント中に時間を設けております)。

※スケジュール、コースは天候などにより変更・中止になることがあります。
※5月日程は集合時間が9:50ですが、東吾野駅9:50到着の電車をご利用いただいて結構です。

コース案内

現地気象に関して

1年を通して講習を行っています。山中なので夏冬は寒暖が強く、季節に適した服装をご用意ください。また、風も強い場合がありますので防風着も適宜ご用意ください。

コースデータ

イベントスタイル1day

1日目 行動距離:4km /総行程時間:6時間

  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A

集合場所

西武池袋線 東吾野(ひがしあがの)駅改札口

ガイドがお待ちしております。(M.O.C.の目印にお集まりください。)

アクセス

公共の交通機関で

池袋-飯能(はんのう)駅-(西武池袋線・西武秩父行き)-東吾野(ひがしあがの)駅

※上記公共交通機関の時刻・料金に関しては、必ず各自で最新の情報をご確認の上ご利用ください。

お車で

狭山日高IC下車、「秩父・飯能・日高」の標識に従って県道262号から262号線に入る。圏央道入口交差点を右折して飯能狭山バイパス(国道299号線)に入る。東吾野駅入口交差点を左折。

※週末・連休や行楽シーズンは渋滞の恐れがあります。余裕を持ってご出発ください。

≪駐車場≫

東吾野駅周辺は5~6台のコインパーキング 岩場駐車場は10台程度の有料駐車場

有料

解散場所

西武池袋線 東吾野(ひがしあがの)駅

  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A

持ち物・アドバイス

参考商品は一例です。在庫状況によりお買い上げいただけない場合があります。詳細はお問い合わせください。

服 装

アドバイス

参考商品

アンダーウェア

1、乾きが速く暖かいものを必ず着用してください。
2、コットンなどの天然繊維は、汗などで濡れると体温を奪い寒くなるので×。
3、山の上や春秋の朝晩は冷え込みます。必要に応じて防寒着もご準備ください。

ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ Women's

ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ Men's

行動着

1、乾きが速く暖かいものを必ず着用してください。
2、コットンなどの天然繊維は、汗などで濡れると体温を奪い寒くなるので×。
3、山の上や春秋の朝晩は冷え込みます。必要に応じて防寒着もご準備ください。

メリノウールプラス ロングスリーブ アクションT Men's

クール ロングスリーブジップシャツ Women's

WIC.ドライタッチ ロングスリーブシャツ Men's

帽子

気温の変動に合わせて、日除けや防寒に活躍します。

O.D.キャップ

レインウェア上下

1.登山用で、汗をかいても蒸れない物(防水透湿性を備えた物)が快適です。
2.ポンチョタイプは足が濡れるので使えません。上下セパレートタイプをご用意ください。
3.登山用のコンパクトな折りたたみの傘もあれば便利です。

ストームクルーザー ジャケット Men's

ストームクルーザー パンツ Men's

ストームクルーザー ジャケット Women's

装 備

アドバイス

参考商品

ヘルメット

1、クライミング用の物をご準備ください。
2、一部コースでレンタルもご用意しております。(事前要予約・別途有料)

L.W.アルパインヘルメット

フュージョン

フォーカス

ハーネス

1、クライミング用のレッグループの付いた物をご準備ください。
2、一部コースでレンタルもご用意しております。(事前要予約・別途有料)
3、シットハーネスは軽量・コンパクトでお勧めです。もちろんクライミング専用のハーネスでもご参加いただけます。

L.W.シットハーネス

ビンセント

コントロールデバイス(確保&下降器)

リードクライマーに対するビレイ確保、下降両用のデバイス。

プロガイドライト2

安全環付きカラビナ(変形D型)

※クライミング用で安全環付きのカラビナを各自2~複数個(イベントにより異なる)ご用意ください。
※変形D型のカラビナをご用意ください。
※※「公認山岳ガイドが指導する登山技術実践講習会 登山のための岩登り」では2個ご用意ください。
※「公認山岳ガイドが指導する登山技術実践講習会/はじめてのロープクライミング/ロープクライミングSTEP2/御坂・三つ峠山2days」では3個ご用意ください。
※「公認ガイドが指導する登山技術実践講習会と登頂 妙義山」では2個ご用意ください。
※「公認ガイドが指導する雪山登山技術実践講習会 ピッケル&アイゼンワークとアイスクライミング体験八ヶ岳2days」では2個ご用意ください。

ビーム スクリュー

安全環付きカラビナ(HMS型)

※クライミング用で安全環付きのカラビナを各自1~複数個(イベントにより異なる)ご用意ください。
※HMS型のカラビナをご用意ください。

NEOクラシックHMSスクリュー

アセント HMS

アセントライト HMS

スリング120cm

※イベントによりご用意いただく本数が異なります。
※クライミング用のものをご用意ください。
【登山に役立つロープワーク】…120cm×2本
【登山に役立つ岩登り】…120cm×1本
【はじめてのロープクライミング/ロープクライミングSTEP2】…120cm×1本
【FIXロープ設置と登降法】…120cm×3本
【セルフレスキューSTEP1】…120cm×2本
【セルフレスキューSTEP2】…120cm×2本

10mm ダイニーマスリング(120cm)

スリング60cm

※イベントによりご用意いただく本数が異なります。
※クライミング用のものをご用意ください。
【登山に役立つロープワーク】…60cm×2本
【登山に役立つ岩登り】…60cm×1本
【はじめてのロープクライミング/ロープクライミングSTEP2】…60cm×1本
【FIXロープ設置と登降法】…60cm×3本
【セルフレスキューSTEP1】…60cm×2本
【セルフレスキューSTEP2】…60cm×2本

10mm ダイニーマスリング(60cm)

5mmロープ1.3m×3本

クライミング用で切り売りされています。

7mmロープ4m(または6mmパワーコード4m)

7mmロープ4m(または参考商品の6mmパワーコード4m)

6mmパワーコード コードレット

ビレイグローブ

ロープ操作時に手を痛めません。

ゴートビレイグローブ

トレッキングシューズ

底のゴムが厚く、トレッキング用の歩きやすい物をご準備ください。

ラップランドブーツ Men's

ラップランドブーツ Men's

クラッグホッパー Men's

パック(ザック)

1.20~30リットル(パックの大きさをリットル単位で表しています。)の物が便利です。
2.荷物を全て入れられ、歩くときに両手を空けられる大きさの物をご準備ください。

ガレナパック 25

チャチャパック 30

救急袋

常備薬や絆創膏を準備してください。袋は防水のものがおすすめです。
バスツアーでバスに酔いやすい方は、酔い止めなど各自でお持ちください。

アクアペル ファーストエイドバッグ 2L

アクアペル ファーストエイドバッグ 0.5L

水筒(飲み物)またはテルモス

1、行動中に各自で飲むのに必要な量(1~2L)をお持ちください。
2、行動中もこまめに水分を摂るのが疲れにくいコツ。特に夏シーズンや気温の高い季節、運動量の多いコースは多めにお持ちください。
3、お茶やスポーツドリンク、水など、行動中に水分を摂るためにお持ちください。

アルパイン サーモボトル 0.5L

アルパイン サーモボトル 0.9L

エディボトル1.0L

昼食

※イベント料金に含んでいる場合と別料金の場合がございます。
※また、途中購入可能なイベントと(宿泊先の山小屋など)予めご用意いただく必要があるイベントがあります。

保険証またはコピー

万一の事故等に備えてお持ちください。

参加チケット

チケットは事前にMOCから郵送、または店頭にてお渡します。同意書にサインをして当日イベントへお持ちください。

あると便利な物

アドバイス

参考商品

虫除け

蚊取り線香や蚊除けスプレー(ノンガスタイプのもの)など。


その他

ヘルメット、ハーネス、ダイニーマスリング4本(60cm×2本、120cm×2本)、安全環付カラビナ5個(変形D形×3個 HMS型×2個)、確保&下降器、5mmロープ(細引き)1.3m×3本、7mmロープ(細引き)4m(または6mmパワーコード4m)、革手袋(あると懸垂下降時に手を痛めません。)モンベル直営店で販売いたしております。
ハーネス、ヘルメットはレンタル可能※ハーネスはウエストサイズもお知らせください。※カラビナ、スリングが他参加者の物と混ざる可能性があるため、シールやマジックなどで印をつける事をお勧めします。昼食をご持参ください。

<< ご参加の皆様へ >>

◆登山では万一の事故や天候の急変等、最悪の状況に陥った場合でも安全に下山できるように衣服や装備を準備しておくことが大切です。上記リストはそうした状況にも対応できる物を挙げておりますので、当日の天候や状況によって使用せずに終わる物もありますが、必ずご準備ください。
◆当コースは山岳地域での登山行為を伴うものです。ご参加に当たってはコースの情報や内容を事前にガイドブック等で予習されることをお勧めいたします。また体力面においても、日頃からトレーニングを行い体調を整えた上でご参加ください

<< 食事について >>

◆イベント料金に含まれる食事については料金欄をご確認ください。
◆昼食は天候が悪い場合や進行が遅れた場合に備えて、歩きながらでも食べられる物も併せてお持ちください。(チョコレート、飴、クッキー、おにぎり、パン、果物、ナッツバー等)

<< 飲酒について >>

M.O.C.ツアーでは、宿泊施設以外での行動中の飲酒を控えさせていただいております。休憩時や昼食時に各自で持参の上、飲酒をされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

<< 注意事項 >>

◆こんな場合はご参加いただけません◆
必要な持ち物を持参されなかった場合や、お持ちになった装備についてインストラクターが危険だと判断した場合、イベントへご参加いただけないことがありますので、予めご注意ください。
(例:登山靴でない靴、防水性のない登山靴、ジーンズやコットンシャツ等の天然繊維の衣服、防水性の無い雨具、雨具を忘れた場合)
◆参考商品は一例です。季節、使用状況などにより異なる場合もございます。詳しくは店頭の直営店スタッフへおたずねください。

レンタルについて

以下の装備についてはレンタルがご利用いただけます。

ハーネス/¥550
ヘルメット(頭囲62センチまで)/¥550

<< 注意事項 >>

ハーネスにカラビナなどはついていません。その他の必要装備(カラビナやスリング、確保器など)はご用意下さい。
レンタル品の当日キャンセルについては返金ができません。

  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A
コース中のトイレは?
あります(一部有料)。
飲み水を補給できる場所は?
コース中に補給できる場所があります。
昼食等を購入できる場所は?
ありません。予めご準備ください。
集合時に着替えられる場所は?
ありません。トイレでお着替えください。
イベントに不要な荷物は?
ロッカー施設等はありません(各自でお持ちください)。
解散場所近辺で各自で行ける入浴施設は?
ありません。
悪天の場合は?
小雨決行。強風または大雨の場合、中止。中止の判断は当社でいたします。M.O.C.本部事務局、店舗または担当のインストラクターより事前にご連絡させていただきます。連絡がない場合には開催になります。※ただし、集合時以降に天候が悪化した場合はインストラクターがその場所で中止の判断をさせていただく事があります。