ホーム>イベント・ツアー>イベント一覧><大阪・三宮発着>バスで行く 鳥取大山開山祭&登山 2days

<大阪・三宮発着>バスで行く 鳥取大山開山祭&登山 2daysnature taravel

イメージ画像
イメージ画像 イメージ画像 イメージ画像 イメージ画像

初級

体力3

定員44名(最少催行24名)

引率者比率(ガイドレシオ)1:10

カテゴリトレッキング

イベントNo.T31DBT

高校生以上参加可能

年に一度の開山祭!

年に一度の大山開山祭!松明行列に参加して夜の参拝道を歩きます。約2,000人の松明行列と炎に照らされた大神山神社の石畳は圧巻です。翌日は中国地方最高峰で日本百名山の大山に登ります。

◆新型コロナウイルス感染症に対応のため中止といたしました。お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

旅行代金¥34,000(税込)

詳しい料金についてはこちら

主催モンベルネイチャートラベル

開催地域中国(鳥取県)

種別トラベル・イベント(国内)標識・約款

2days

※ホテル泊

2020年6月6日(土)~7日(日)

詳しい日程についてはこちら

お申し込みへ 印刷画面へ 一覧へ
  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A
イベントのみどころ
  1. 大山開山祭の前夜祭で行なわれる松明行列に参加します!山腹にある大神山神社から山麓の博労座(ばくろうざ)まで約2kmの道のりを約2000人が松明を持って歩きます。荘厳な大神山神社の石畳が炎で照らされ赤く染まる景色は圧巻です。
  2. ツアー2日目は大山の開山日!大山山頂(弥山)を目指して標高差約900mの登山道を歩きます。山頂からは、弓ヶ浜、島根半島などを見渡すことができます。
  3. ツアー2日目は本格的な登山です。登山靴、上下セパレートタイプのレインウェア、防寒具は必須です。松明行列に参加されずに写真等をゆっくり撮られたい方は、事前にご相談下さい。装備に関するご質問などございましたら、モンベルアウトドアチャレンジ本部事務局またはモンベルストアまでお気軽にお問い合わせください。
  4. イベント当日は、登山道が大変混雑いたします。混雑状況によっては、ゆっくり昼食をとっていただくことができなかったり、トイレ休憩もできない可能性がございます。 ツアー中は、8~9名のグループに分かれて、現地ガイド、モンベルスタッフが山頂までご案内いたします。

イメージ画像

イベント基本情報

イベント名

<大阪・三宮発着>バスで行く鳥取大山(だいせん)開山祭&登山2days

場 所

中国(鳥取県) /大山(だいせん)(標高1709メートル)

主 催

モンベルネイチャートラベル

種 別

トラベル・イベント(国内) 種別によって規約等が異なります。ご確認の上、お申し込みください。

日 程

2days

※ホテル泊

2020年6月6日(土)~7日(日)

料 金

旅行代金 ¥34,000(税込)

<< 料金に含まれるもの >>
ガイド料、保険料、消費税
往復バス、1泊2日宿泊(朝夕食含む)、2日目昼食
※宿泊は男女別相部屋となります。
<< 料金に含まれないもの >>
1日目昼食(途中のサービスエリアでは簡単な休憩のみとなり、昼食をお取りする時間は設けておりません。予め簡単なものをご準備いただきバス車内でお取りいただく予定です)

保険について

取消料について

難易度

初級

体力3

難易度について

参加条件

これまでにトレッキング、登山経験のある方。
開催日時点 高校生以上参加可能
未成年の方は保護者の方と一緒にご参加ください。

集 合

JR大阪駅/モンベル三宮店前

JR大阪駅 9:00
モンベル三宮店前 10:00

交通案内

解 散

JR三ノ宮駅付近/JR大阪駅付近

JR三宮駅 19:30
JR大阪駅 20:30

お問い
合わせ先

M.O.C本部
フリーコール:0120-936-007 携帯電話からはご利用いただけません。
TEL:06-6538-0208
受付時間:10:00~18:00
定休日:11月~2月の日曜・祝日(3月~10月は無休)

その他

食事回数:1日目夕食、2日目朝食、昼食
添乗員:添乗員は同行しませんが、モンベルスタッフが同行します
利用交通機関: バス
宿泊回数:1
利用予定宿泊先:ホテル大山または別館しろがね荘
ネイチャートラベル連絡先:06-6538-0208
利用予定バス会社:奈良交通(株)、千里山バス(株)

イベントスタッフより

イメージ画像

スタッフより一言

神秘的な松明行列は心あらたまります。信仰の山に登り、自らも山の安全を祈願しましょう!

一覧へ