ホーム>イベント・ツアー>イベント一覧>テント泊で行く白馬岳登山 3days

テント泊で行く白馬岳登山 3days nature taravel

イメージ画像
イメージ画像 イメージ画像 イメージ画像

中級

体力3

定員7名(最少催行4名)

引率者比率(ガイドレシオ)1:7

カテゴリトレッキング

イベントNo.T16K58

高校生以上参加可能

テント泊で北アルプスの名峰にチャレンジ

テント泊で白馬岳を目指しましょう。往復ともゴンドラとリフトを利用することで体力の負担を軽減し、白馬大池をベースキャンプとして2泊し、白馬岳登頂を目指します。

旅行代金¥32,000(税込)

詳しい料金についてはこちら

主催モンベルネイチャートラベル

開催地域中部(長野県)

種別トラベル・イベント(国内)標識・約款

3days

2021年8月6日(金)~8日(日)、9月17日(金)~19日(日)、9月27日(月)~29日(水)

詳しい日程についてはこちら

催行人数に達している日程

[満]2021年8月6日(金)~8日(日)

お申し込みへ 印刷画面へ 一覧へ
  • お申し込み
  • 基本情報
  • コース・スケジュール
  • 交通案内
  • 持ち物
  • イベントQ&A
イベントのみどころ
  1. 1日目は栂池高原に集合。登山口となる栂池自然園まではリフトとゴンドラで上がり、登山開始となります。樹林帯の登りからハイマツ帯に入るとワタスゲの咲き乱れる天狗原に到着。天気に恵まれれば白馬三山の眺めが素晴らしい場所です。ここから正面に聳える白馬乗鞍岳を越えればキャンプ指定地となっている白馬大池です。ハクサンコザクラやチングルマの群落に囲まれた美しい高山湖湖畔でのキャンプとなります。
  2. 2日目は日帰り装備で白馬岳を往復します。三角点のある小蓮華山、新潟、富山、長野の県境・三国堺を通過し白馬岳へと向かいますが、標高が上がるにつれ高山植物やライチョウとの出会いのチャンスも増えることでしょう。白馬岳登頂後は往路を白馬大池へ戻り2泊目のキャンプとなります。3日目は栂池自然園に下山し、ゴンドラとリフトを乗り継いで栂池高原まで戻り解散となります。
  3. 行程中の夕食や朝食調理用のバーナーや食材は各自でご用意ください。リゾッタなどの軽量かつ間単に調理ができるものがおすすめです。軽量なフリーズドライ食品はモンベルストアで取り扱っていますので、スタッフまでお問い合わせください。
  4. テント泊に必要な装備、テント、スリーピングバッグ、スリーピングマットなどはご自身にてご準備下さい。
  5. このイベントではモンベルスタッフは同行いたしません。予定ガイド…川口晃(かわぐちあきら)(社)日本山岳ガイド協会認定ガイド、信州登山案内人。里山歩きから日本アルプスの縦走まで幅広いエリアをガイドします。長野県松本市在住。※ガイドは予定です。場合によっては変更の可能性があることもご了承ください。

イベント基本情報

イベント名

テント泊で行く白馬岳(しろうまだけ)登山 3days

場 所

中部(長野県) /北アルプス /白馬岳(標高2,932メートル)

主 催

モンベルネイチャートラベル

種 別

トラベル・イベント(国内) 種別によって規約等が異なります。ご確認の上、お申し込みください。

日 程

3days

2021年8月6日(金)~8日(日) 、9月17日(金)~19日(日) 、9月27日(月)~29日(水)

料 金

旅行代金 ¥32,000(税込)

<< 料金に含まれるもの >>
ガイド料、保険料、消費税
<< 料金に含まれないもの >>
1日目昼食代、夕食代、2日目朝食代、昼食代、夕食代、3日目朝食代、リフト代・ゴンドラ代(約4,000円)、テント泊代(2,500円/泊x2日分)

保険について

取消料について

難易度

中級

体力3

難易度について

参加条件

これまでにトレッキング、登山経験のある方。
開催日時点 高校生以上参加可能
未成年の方は参加チケットに保護者の方のサインが必要です。

集 合

栂池ゴンドラリフト「栂池高原駅」

8:40

交通案内

解 散

栂池ゴンドラリフト「栂池高原駅」

11:10

お問い
合わせ先

M.O.C本部
フリーコール:0120-936-007 携帯電話からはご利用いただけません。
TEL:06-6538-0208
受付時間:10:00~18:00
定休日:11月~2月の日曜・祝日(3月~10月は無休)

その他

食事回数:0
添乗員:添乗員は同行しませんが、現地ガイドが同行します
宿泊回数:2
利用予定宿泊先:白馬大池キャンプ地
ネイチャートラベル連絡先:06-6538-0208

イベントスタッフより

イメージ画像

スタッフより一言

まずはテント泊山行を実践してみましょう!

一覧へ